CONTENTS > | Rage & Audioslave information | Other artists information | Live Report | Update information



2007年10月28日 Sunday,
Rage Against the Machine来日で盛り上がっている中ですが、我々コーチェラ同盟の主催する11/3のレイジDJイベント「THE BATTLE OF ACID(新宿)」もどうかお忘れなく。代表曲から貴重音源まで楽しめる内容で考えております。
タンスの奥深くに眠ってあるレイジTシャツをまとい、体を動かし、汗でレイジTシャツに久々の水分を与えていただければと。
DJ素人の私の出番は23:30〜24:00、26:30〜27:00を予定しております。オーガナイザーtakanori氏をはじめ、個性溢れるコーチェラ同盟で次週末11/3(土)に新宿ACIDでお待ちしてます。果たして当日のオバッチのジャケ弁は如何に?

2007年10月12日 Friday
2/7大阪、2/9・10幕張のジャパンツアー詳細が、Rage Against the Machineオフィシャルサイトでも発表されました。本日から10/15の18時までSMASH会員はチケット先行予約受付中です。

2007年10月1日 Monday,
ロッキングオンのヘッドラインニュースにRage Against the Machine来日ニュースが発表されておりますが、やはり皆様の想定通り、1月末のオーストラリア公演の流れで2月上旬の来日が決定した模様です。現在のところ幕張と大阪の2箇所が決定しております。
そして間髪入れずに本日、SMASHの公式サイトRage Against the Machine来日告知のバナーが掲載されました。 詳細は追って発表されるようです。

2007年9月27日 Thursday,
驚くべきことに、次号のロッキングオンの表紙に「速報! レイジ来日決定!!」という表記があります。 これは来年頭のオーストラリア公演の延長上で、日本にも訪れてくれるということなんでしょうか。詳細を待ちます。

2007年9月19日 Wednesday,
なんと、ここに来てザック デ ラ ロッチャのソロアルバム完成のニュースがありました。最終的には元マーズ・ヴォルタのドラマー、ジョン・セオドアとの作業で完成に至った模様で、DJシャドウやトレント・レズナーらとレコーディングしてきた音源が収録されるかは分かっていません。というよりも、完成したとはいえ発売予定も決まっていないこのアルバムを待つよりは、Rage Against the Machineとしての再結成後第一弾アルバムの発売に期待を寄せた方がいいかもしれません。
一方で再結成ライブを順調に続けているRage Against the Machineですが、来年初めオーストラリアで開かれる"Big Day Out"フェスティヴァルへの参加の可能性が高いとのこと。これが実現すれば再結成後初となるUSA以外でのライブとなり、来年の来日の可能性もぐっと高くなるといえそうです。

2007年9月10日 Monday,
レイジDJイベント「THE BATTLE OF ACID」特設ページに個性豊かなDJ紹介を追加いたしました。2名の紹介原稿がCOMING SOONですが、追って更新します。

2007年9月2日 Sunday,
レイジDJイベントの詳細が決定しました。11/3(土)に、新宿ACIDにて22:00〜28:30のオールナイト・イベントになります。その名も"THE BATTLE OF ACID"。
THE BATTLE OF ACID特設ページを用意しましたので、ぜひアクセスしてください。

2007年8月21日 Tuesday,
以前に10/20開催とお伝えした、新宿でのレイジDJイベントですが、諸々の都合により11/3(土)に延期になりました。申し訳ございません。9月初旬には詳細をお伝えできると思います。
主催スタッフ勢と楽しいイベントにしようと企画中なので、ぜひお気軽に遊びに来てください。

2007年8月14日 Tuesday,
10/6から新宿テアトルタイムズスクエアにて「エアギター〜エピソード ゼロ〜」という、エアギターアメリカ地区予選を舞台にしたドキュメンタリー映画が公開され、我らがトム モレロも出演しています(おそらく採点者として)。 公式サイトはこちら

2007年7月16日 Monday,
10月20日(予定)に、コーチェラの再結成ライブに潜入した6人のメンバーでDJイベントを行います。レイジ再結成を記念した内容にしようと思い、Rage Against the Machine、そしてNightwatchman?をかけて行く予定なので、ぜひ遊びに来ていただければ幸いです。場所は新宿を想定しています。
詳細は追って掲載いたします。

2007年7月2日 Monday,
オバッチのJacket Lunch Boxレイジ周辺のニュースではありませんが、コーチェラ旅行同行メンバーのオバッチによる、mixiで話題のCDジャケットをデザインした弁当、略して"ジャケ弁"のレシピを紹介したブログが公開されました。その名も「オバッチのJacket Lunch Box」。一般的な具材でCDジャケットを再現しているセンスには驚かされます。熱烈なレイジのファンで知られるオバッチなので、いずれレイジの1stのジャケ弁という超難関にトライしていただきたいところです。

2007年6月27日 Wednesday,
今度は、10月26〜28日にアメリカ・ニューオリーンズで行われるVoodooフェスに、Rage Against the Machineの出演が決定しました。驚くほどラインナップが豪華なフェスで、同じく今年に復活を果たしたSmashing Pumpkinsの参加も決定しているようです。

2007年6月18日 Monday,
クリス・コーネルのソロアルバム"Carry on"が、全米アルバムチャートで17位に初登場です。

2007年6月11日 Monday
大きな話題を呼んでいた謎の企画サイト「ratm82407.com」続報。
蓋を開けてみれば、8月24日に米ウィスコンシン州のAlpine Valleyで、Rage Against the Machineの追加ライブが決まったというだけの話でした。
肩透かしを食らった気分ですが、6月16日AM10時(現地時間)からその公演のチケットが発売されるようです。

2007年6月7日 Thursday
ratm82407.comなんと、「ratm」とだけ大きく書かれ、左右に2つのカウントダウンを設けているサイト(右画像参照)が出現しています。それぞれ2つのカウントダウン完了時は、6月11日と8月24日ということになります。
vietnow.orgによると、この突如現れたサイトのドメイン名は"Live Nation"という有名なチケット業者によって取得されているとのこと。また、この「ratm82407.com」というドメイン名の"82407"という数字に着目すると、やはり最終的な照準は2007年8月24日に当てていることが想定できます。
6月11日にワールドツアー発表→8月24日からスタート。いや、6月11日に、新作が8月24日発売と発表するのか。妄想が膨らんで止まりませんが、まずは6月11日を待ちましょう。追って続報をお伝えします。

2007年6月6日 Wednesday,
chris cornell carry onクリス・コーネルのソロアルバム"Carry on"が店頭で販売されています。1曲目こそヘヴィなリフで開始されますが、あとはメロウなクリス節炸裂という作品。ちょっと聞き込んでみます。

2007年6月4日 Monday,
コーチェラ・フェス主催者よりメールが届いておりましたが、入場の際にWill Callチケット受け取りに何時間も待たせたことのお詫びとして、今年のコーチェラの3-day passをWill Callで購入した人は来年のコーチェラのチケットも無料で参加できる模様です。
チケット購入者はメールをチェックしてください。

2007年6月4日 Monday,
ロッキング・オン7月号に、コーチェラ・フェスでのRage Against the Machine再結成の記事が組まれています。やはりファンが求めているザック デ ラ ロッチャのインタビューはなく、トム モレロがNightwatchmanについて語り尽くしている内容になっています。再結成でファンが盛り上がっているこの空気を、彼にも分かってもらいたいところです。

2007年5月17日 Thursday,
クロスビート7月号CROSSBEAT誌の表紙が何と我らがザック デ ラ ロッチャで、コーチェラ・フェス再結成特集が組まれています。ザック デ ラ ロッチャのインタビューがないのは残念ですが、再結成ライブの素晴らしい速報が掲載されてます。CROSSBEATさん、この短期間でのこのクオリティに心から感謝いたします。

インタビューに応じているのはトム モレロことThe Nightwatchman。再結成メインのコンテンツなのに、自らのソロ・プロジェクトを半分近くに渡って語り尽くしています。今後のRage Against the Machineとしての活動を問われると、「基本的にはナイトウォッチマンに専念して活動していくつもりだよ。」と答えるトム モレロ。あんた、いつからそんなにワンマンになってしまったんだ。

2007年5月11日 Friday,
発表から遅くなりましたが、Tom MorelloことThe Nightwatchmanのソロ・アルバム”One Man Revolution”のレビューをアップしました。

2007年5月6日 Sunday,
昨日帰国し、コーチェラでのRage Against the Machine再結成ライブの模様をレポートに収めました。また、4/28コーチェラ出演のNightwatchmanのライブレポートもアップしています。

2007年4月27日 Friday,
本日からRage Against the Machine再結成ライブの行われるコーチェラ・フェスに行ってまいります。長い間待ち続けたこの瞬間を素晴らしい同行メンバーと共有できて、本当に幸せです。
5/5に帰国予定で、その際に再結成ライブの模様をご報告します。

2007年4月13日 Friday,
以前にお伝えしたトム モレロザック デ ラ ロッチャのアクションに関する続報を以下に。
2人は4/14にシカゴで開催されるイベント「2007 Coalition of Immokalee Workers Truth Tour」にてノーギャラでパフォーマンスを行なう予定だという。「Coalition of Immokalee Workers(CIW)」とは、フロリダ州で低賃金の労働に従事する移民を中心とした労働組合のこと。今回のイベントは、組合の要求をマクドナルドが全面的に受け入れたことを記念して開催されるもの。トムとザックの2人は、シカゴの中心街で繰り広げられるパレードおよびカーニバルに参加を予定している。

2007年3月23日 Friday,
THE NIGHTWATCHMANTHE NIGHTWATCHMANこと、トム モレロのソロ・アルバム「One Man Revolution」ですが、既にamazon.co.jpにて販売予約(発売日:4/24)を受け付けているようです。購買意欲を削がれるジャケット・デザインに驚愕ですが、彼の新たな門出を祝う意味でもぜひ購入しましょう。

2007年3月15日 Thursday,
sfalliance.orgによると、4/14にトム モレロザック デ ラ ロッチャらが、公正な食料供給・人権・尊厳を訴え、シカゴにて何らかのアクションを起こす模様です。続報は追ってお伝えします。

2007年3月14日 Wednesday,
3/10発売のカート・コバーン表紙の「ローリングストーン日本版」創刊号の最後のページに、人気アーティストのi-Podの中身を探るコラムがあり、vol.1はトム モレロでした。クラッシュ、ミューズ、ジェーンズ・アディクション、ボブ・ディラン、パブリック・エネミーを挙げています。

ザック デ ラ ロッチャ2007年3月14日 Wednesday,
3/12にニューヨークで行われたロックの殿堂式典「Rock and Roll Hall of Fame」ですが、殿堂入りしたPatti Smithの紹介役としてザック デ ラ ロッチャが登場しました。以前と変わらず痩せこけており、ラモスの如きアフロ姿も保持しているようです。写真は右記参照。情報提供:joe氏。

2007年3月7日 Wednesday
コーチェラ・フェスティバルのチケット購入を逃した方も、近畿日本ツーリストのツアーで参加することができます。しかし現在、まだ最小催行人数に足りてないようなので、一度参加を諦めた方も、ぜひこのツアーを利用して参加してください。現地で乾杯しましょう。

2007年3月1日 Thursday
ロッキングオン4月号のヘッドラインにはRage Against the Machine再結成の記事、そしてON THE RECORDにはトム・モレロのインタビューが掲載されています。

2007年2月28日 Wednesday
Barksにも掲載されていましたが、Rage Against the Machineが7月末からNY、サンバーナーディノ、サンフランシスコの3都市で開かれる<Rock The Bells>ヒップホップ・フェスティヴァルの3公演に参加することが決定したようです。今年中のライブが4回だけと公言したことを考えると、コーチェラを含むこの4回限りが今年中のショウということになります。
なお、コーチェラでのRage Against the Machine再結成があまりにも人気を呼び、チケットが法外な値段で転売されている模様です。

2007年2月26日 Monday
fujirockers.orgの日高氏のインタビューによると、Rage Against the Machine側からフジ・ロック出演したいという要望があったものの、結局出演はなくなってしまったようです。また、zdlr.netによれば、Rage Against the Machineは、今年はコーチェラを含む4回限りのショウを予定しているとのことです。
フジ・ロックでの来日はかないませんが、結論として考えればコーチェラ1度限りの再結成にする予定ではないということになるので、将来的な活動を応援していきたいところです。

2007年2月20日 Tuesday
クロスビート4月号のOPENING SHOTに、アフロ姿のZACK DE LA ROCHAの最新ショットが掲載され、NEWSコーナーの先頭にRage Against the Machineのコーチェラ再結成の話題が取り上げられています。

2007年2月16日 Friday
MTV.comによると、何と5月にソロアルバム発表を控えているクリス・コーネルが、Audioslave脱退を正式に発表したようです。やはり、Rage Against the Machine再結成が脱退の大きな要因になっていると受け入れられる内容ですが、互いの今後の活動を応援しているようです。クリス・コーネルの脱退により、Rage Against the Machineの再結成が一時のものではなくなる可能性が高くなったといえます。

2007年2月2日 Friday,
MTV.comのTom Morelloインタビュー記事で、Rage Against the Machine再結成の目的が綴られています。ブッシュに対するKO宣言が熱く語られており、コーチェラ後のRage Against the Machineの活動を希望してしまう内容です。

2007年1月24日 Wednesday,
Rage Against the Machineの出演で話題のコーチェラ・フェスティバルですが、いよいよ詳細版のウェブサイトが公開されました。チケットの発売は1/27からのようです。3日券:$249。1日券:$85。

2007年1月23日 Tuesday,
コーチェラ・フェス公式サイトにて、Rage Against the Machineの出演が4月29日と発表されました。最終日の大トリを飾ります。
なお、Rage Against the Machineサイトでも再結成の旨が発表され、もうこれはほぼ決定したといえるでしょう。以下、公式サイトから抜粋。
Rage Against the Machine will reunite for Coachella!!
You may have heard the rumors, it was confirmed by the L.A. Times and KROQ Monday morning. Rage Against The Machine will be headlining Coachella. New information will be posted here shortly, please check back soon!

2007年1月22日 Monday,
Rage Against the Machineが4月下旬に開催されるコーチェラ・フェスティバルにおいて、ヘッドライナーとして再結成ライヴを行うというニュースが、各メディア・サイトで報じられています。Billboardでも取り扱われており、ここまで現実味のある再結成のニュースはこれまでにはありません。1回限りの再結成のようですが、次に繋がるライブの好感触を願いたいところです。詳細
なお、トム・モレロがナイトウォッチマン名義でソロアルバムを制作しており、4/24発表予定とのことです。

2006年9月20日 Wednesday
引き続き「Revelations」のチャートアクションをお伝えしますと、United World Chartでは初登場3位、オーストラリアでは1位、ノルウェーで5位、デンマークで6位、スイスで8位など、各国でトップ10入りを果たしています。

2006年9月14日 Thursday
気になる3rdアルバム「Revelations」のチャートアクションですが、全米では同週初登場のビヨンセにトップを譲っての2位(「Out of exile」初登場時の約半数)、全英では12位(「Out of exile」初登場時は5位)に初登場しました。

2006年9月13日 Wednesday
Audioslaveの3rdアルバム「Revelations」が、オリコン週間アルバムチャートに19位で初登場しました。

2006年9月9日 Saturday,
クリス・コーネルがボンド映画の作曲家デビッド・アーノルドとコラボレーションして『007/カジノ・ロワイヤル』のメイン・タイトル・ソングを作曲し、歌も担当することが決定した。タイトルは"You Know My Name"

2006年9月8日 Friday,
Audioslaveの3rdアルバム「Revelations」が発売されています。

2006年6月26日 Monday,
以前より発売予定が報じられてきたAudioslaveのニューアルバム"REVELATIONS"ですが、9月5日の発売が決定したようです。第一弾シングル"Original fire"をはじめ、収録曲は以下の通り。
Revelations
One And The Same
Sound of a Gun
Until We Fall
Original Fire
Broken City
Somedays
Shape of Things To Come
Jewel of the Summertime
Wide Awake
Nothing Left To Say But Goodbye
Moth
しかし、このアルバム制作を理由にUDO MUSIC FESTIVALをキャンセルしたのにも関わらず、もうアルバムが出来上がっている様子に納得が行きません。

2006年5月22日 Monday,
UDO MUSIC FESTIVALの公式サイトにて、Audioslaveの出演がキャンセルになったことが発表されました。キャンセルの理由は以下のように書かれています。
「オーディオスレイヴは、ニュー・アルバムのレコーディングが遅れており、7?9月に予定していたワールドツアーを全てキャンセルしたため、残念ながら当フェスティバルへの出演もキャンセルとなりました。」

2006年5月15日 Monday,
Audioslaveの参加決定を報じていた"UDO MUSIC FESTIVAL"公式サイトですが、何と出演ラインナップはおろか、サイト内全てのテキストからAudioslaveの名前が削除されている状態で、またその理由さえも発表されていません。責任がウドー側にあるのかAudioslave側にあるのかは分かりませんが、昨年のサマーソニック出演の虚報騒ぎと同じ結果にならないことを願うばかりです。

2006年4月11日 Tuesday,
7月22日・23日に行われる"UDO MUSIC FESTIVAL"だが、AUDIOSLAVEは22日大阪、23日富士に出演することが決定した。なお、早割限定サービスが本日から4月16日まで受け付けられており、通常価格1日券¥16,000が限定で¥14,000で購入できる。なお、AUDIOSLAVEと同日に、KISS/PUSSYCAT DOLLS/GODSMACKらの参加が決定している。詳細はこちら

2006年4月3日 Monday,
2年前に超豪華ラインナップを揃えたUDO主催の"ROCK ODESSEY"が、今年は7月22日・23日に"UDO MUSIC FESTIVAL"の名前で復活するようで、なんと新作発売を控えたAUDIOSLAVEが参加決定とのこと。他にもKISS、SANTANA、JEFF BECKという凄まじい顔ぶれの参加が決定している。詳細はこちら

2006年3月23日 Thursday,
Zack De La Rochaよりも先に、Audioslaveの新作リリースが決まりました。タイトルは"Revelations"で、6月の発売が予定されているとのこと。 クリスはこの新作で、よりsoul/R&Bの方向性を強めていく意気込みを伝えている。

2006年1月26日 Thursday,
報告が遅くなりましたが、blabbermouth.netによると、Zack de la Rochaが、80年代のパンクシーンを風靡したBAD BRAINSからの加入のオファーを断わったとのこと。blabbermouth.netの記事はブログ形式になっており、賛否賑わった書き込みも見どころだ。(joeさん、いつもありがとう。)

2006年1月11日 Wednesday,
遅れましたが、新年おめでとうございます。もはやザックのソロ・アルバム発売がささやかれてから、6年余りが経過しているような気がしますが、その発売実現を待って当サイトもあと1年は存続させていこうと思っております。今年もどうかよろしくお願いします。

2005年12月20日 Tuesday,
mtv.comによると、Audioslaveは、"The Battle of Los Angeles"や"Live in Cuba"を手がけたBrendan O'brienと、2・3曲レコーディングしているとのこと。既に20曲ほど新曲の作曲は済んでいるようで、来年から再びレコーディングに入るようだ。
個人的には、Rick Rubinとの活動は"Out of Exile"で飽和状態を向かえていると思っているため、Brendan O'brienの手腕に大きな期待を寄せている。

2005年12月1日 Thursday,
しばらく空けてしまいました。
BillboardTOP100からAudioslaveの"Out Of Exileは姿を消してしまいましたが、今週のBillboard ChartにはやはりSystem Of A Downの新作"Hypnotize"が初登場1位。
なお、クロスビート1月号には「100人が選ぶ史上最高の名曲」という特集が組まれており、クリス・コーネルが意外なことにデュラン・デュランの"ワイルド・ボーイズ"をピックアップしています。

2005年11月9日 Wednesday,
本日、CDショップにてAudioslaveのCD付きDVD"Live in Cuba"(国内盤)が発売されております。

2005年11月6日 Sunday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは、先週より順位を落として99位(先週96位)でした。

2005年11月6日 Sunday,
sonymusic.co.jpによれば、先日ライヴを行ったNYマディソン・スクエア・ガーデンのステージ上で、クリス・コーネルが「新作のための楽曲を全て書き終えた」と語ったとのこと。また、マイアミで行われたライブ音源がaudioslaved.comにアップされており、かなりの低音質ではあるが新曲もダウンロードすることができる(mp3形式)。
情報元 : joe氏、RASL氏

2005年10月31日 Monday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の最近の全米アルバムチャート動向は、先々週108位→先週98位→今週96位となっております。

2005年10月12日 Wednesday,
10月7日にロサンゼルスで行われたSon de Maderaというメキシコのバンドのライブに、Zack de la Rochaが参加した模様で、そのライブの様子がzdlr.netに掲載されています。ライブを収めた写真は以下。
01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07

2005年10月2日 Sunday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは、先週より順位を落として88位(先週82位)でした。

2005年9月28日 Wednesday,
DVD"Live In Cuba"の発売日が10月11日と以前にお伝えしましたが、追って日本盤も11月2日にCD+DVDセットで、5,500円の価格で発売される模様です。詳細

2005年9月16日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは、先週より順位を戻して61位(先週76位)でした。

2005年9月12日 Monday,
以前よりDVD発表が噂されていたAudioslaveの「Live in Cuba」が、10月11日にいよいよ発売されるようだ。トラックリストは下記の通り。

1. Set It Off
2. Your Time Has Come
3. Like A Stone
4. Spoonman
5. The Worm
6. Gasoline
7. Heaven's Dead
8. Doesn't Remind Me
9. Be Yourself
10. Bulls On Parade
11. Out of Exile
12. Outshined
13. Shadow On The Sun
14. Black Hole Sun
15. I Am The Highway
16. Show Me How To Live
17. Cochise

Disc/Side 2
1. Documentary
2. TV Version

Disc/Side 3
1. Be Yourself
2. Loud Love
3. Doesn't Remind Me
4. Out of Exile
5. Sleep Now In The Fire

なお、クリス・コーネルは既に次作に向けて何曲か新曲を書いているようで、トム・モレロも「次のアルバムまでは2〜3年も待たせい」と述べている。

2005年9月2日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは、先週より順位を戻して62位(先週66位)でした。

2005年8月28日 Sunday,
報告が遅れましたが、ロングビーチアリーナでのSOADとMars Voltaのジョイント・ライブに現れたザックの写真が、zdlr.netにアップされています。もはや短髪が板についたザックの笑顔。老化デラロッチャ。

2005年8月26日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートですが、大きく順位を落とし、66位(先週49位)にランクされております。

2005年8月24日 Wednesday,
●9月25日から北米ツアーを開始するAudioslaveだが、その期間にBocktoberfest '05(Oct.15)とBuzzFest(Oct.22)への出演が決まっているようだ。特にBuzzFestはNickelback, Seether, Cold等の有名アーティストも出演する規模の大きなフェスで、Audioslaveがその大トリを努めることが決定している。
Audioslave公式サイトから、"Doesn't Remind Me"や"Loud Love (Soundgarden Cover)"のスタジオ・セッションやインタビュー映像を見ることが出来る。

2005年8月21日 Sunday,
夏休みの海外旅行から帰国いたしました。さて、Audioslaveの"Out Of Exile"の先週の全米アルバムチャートですが49位(先々週46位)にランクを下げております。

2005年8月11日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは46位(先週53位)でした。
※管理人が8/13〜21まで夏休みのため、その間の更新は予定していません。皆さんも良い夏をお過ごしください。

2005年8月9日 Tuesday,
blabbermouth.netによると、現在制作されているALICE IN CHAINSのトリビュート・アルバムに、AUDIOSLAVEが"Rooster"で参加している模様。まだ発売日は未定だが、ALICE IN CHAINSの曲を元SOUNDGARDENのボーカリストが歌い上げるという、グランジ世代にはたまらない事件が起こりそうだ。(情報:1/144氏)
詳細

2005年8月9日 Tuesday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の先週の全米アルバムチャートは53位でした。(先々週40位) 1stアルバムのようなロングチャートを期待したいところですが、発売後10週目で50位台を割ってしまいました。

2005年8月3日 Wednesday,
UNIVERSAL MUSICから、正式にサマーソニック2005にAudioslaveが出演しない結果になったことに対する謝罪が発表されました。その情報を信じて、出演決定を発表してしまった当サイトからもお詫びいたします。
「サマーソニック2005 出演決定」のステッカーを、あえて大事に取っておくことにします。

2005年7月29日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは40位でした。(先週38位)

2005年7月22日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは38位(先週31位)で、全米でのセールスが100万枚を突破し、プラチナディスクを獲得しています。

2005年7月16日 Saturday,
「サマーソニック2005 出演決定」とCDへのステッカー付与で報じられていたAudioslaveですが、スペシャルゲストとして残されていた2枠は、それぞれDeep PurpleとBuckcherryで埋められてしまい、Audioslaveの参加はほぼ絶望的な状況となってしまいました。謝罪でもない限り、「不参加」という結果は受け止められません。

2005年7月14日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは31位でした。(先週29位)
なお、以前にアメリカのMTVで放映された「AUDIOSLAVE: Live In Cuba」が、MTV Japanでも8月1日23時から30分番組で放映されるとのこと。

2005年7月7日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは29位でした。(先週25位)
なお、Audioslave公式サイトから、"Out Of Exile"からの2ndシングル"Your Time Has Come"のプロモーション・ビデオが、ダウンロード出来るようになっております。私はRealPlayerのエラーが表示されてまだ未確認ですが、ぜひアクセスしてみてください。

2005年7月1日 Friday
Audioslaveが米ミラー・ブリューイング社に対し、ロックンロールの50年を祝う広告に無断でバンド名を掲載されたことで、知的財産訴訟を起こしたようだ。メンバーがアルコールに関する問題を抱えていた過去もあることから、Audioslaveはアルコール飲料や会社をプロモーションするような広告に名前を使用されることには反対しているとのこと。詳細はこちら

2005年8月26日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートですが、大きく順位を落とし、66位(先週49位)にランクされております。

2005年8月24日 Wednesday,
●9月25日から北米ツアーを開始するAudioslaveだが、その期間にBocktoberfest '05(Oct.15)とBuzzFest(Oct.22)への出演が決まっているようだ。特にBuzzFestはNickelback, Seether, Cold等の有名アーティストも出演する規模の大きなフェスで、Audioslaveがその大トリを努めることが決定している。
Audioslave公式サイトから、"Doesn't Remind Me"や"Loud Love (Soundgarden Cover)"のスタジオ・セッションやインタビュー映像を見ることが出来る。

2005年8月21日 Sunday,
夏休みの海外旅行から帰国いたしました。さて、Audioslaveの"Out Of Exile"の先週の全米アルバムチャートですが49位(先々週46位)にランクを下げております。

2005年8月11日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは46位(先週53位)でした。
※管理人が8/13〜21まで夏休みのため、その間の更新は予定していません。皆さんも良い夏をお過ごしください。

2005年8月9日 Tuesday,
blabbermouth.netによると、現在制作されているALICE IN CHAINSのトリビュート・アルバムに、AUDIOSLAVEが"Rooster"で参加している模様。まだ発売日は未定だが、ALICE IN CHAINSの曲を元SOUNDGARDENのボーカリストが歌い上げるという、グランジ世代にはたまらない事件が起こりそうだ。(情報:1/144氏)
詳細

2005年8月9日 Tuesday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の先週の全米アルバムチャートは53位でした。(先々週40位) 1stアルバムのようなロングチャートを期待したいところですが、発売後10週目で50位台を割ってしまいました。

2005年8月3日 Wednesday,
UNIVERSAL MUSICから、正式にサマーソニック2005にAudioslaveが出演しない結果になったことに対する謝罪が発表されました。その情報を信じて、出演決定を発表してしまった当サイトからもお詫びいたします。
「サマーソニック2005 出演決定」のステッカーを、あえて大事に取っておくことにします。

2005年7月29日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは40位でした。(先週38位)

2005年7月22日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは38位(先週31位)で、全米でのセールスが100万枚を突破し、プラチナディスクを獲得しています。

2005年7月16日 Saturday,
「サマーソニック2005 出演決定」とCDへのステッカー付与で報じられていたAudioslaveですが、スペシャルゲストとして残されていた2枠は、それぞれDeep PurpleとBuckcherryで埋められてしまい、Audioslaveの参加はほぼ絶望的な状況となってしまいました。謝罪でもない限り、「不参加」という結果は受け止められません。

2005年7月14日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは31位でした。(先週29位)
なお、以前にアメリカのMTVで放映された「AUDIOSLAVE: Live In Cuba」が、MTV Japanでも8月1日23時から30分番組で放映されるとのこと。

2005年7月7日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは29位でした。(先週25位)
なお、Audioslave公式サイトから、"Out Of Exile"からの2ndシングル"Your Time Has Come"のプロモーション・ビデオが、ダウンロード出来るようになっております。私はRealPlayerのエラーが表示されてまだ未確認ですが、ぜひアクセスしてみてください。

2005年7月1日 Friday
Audioslaveが米ミラー・ブリューイング社に対し、ロックンロールの50年を祝う広告に無断でバンド名を掲載されたことで、知的財産訴訟を起こしたようだ。メンバーがアルコールに関する問題を抱えていた過去もあることから、Audioslaveはアルコール飲料や会社をプロモーションするような広告に名前を使用されることには反対しているとのこと。詳細はこちら

2005年6月30日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは25位でした。(先週15位) まだ発売後2ヶ月しか経過していない同アルバムだが、既にアメリカだけで525,000枚を売り上げているとのこと。
なおBillboard.comは、ヨーロッパ・ツアーが終われば、早い段階で再びスタジオ入りしたいと、トム・モレロが明かしていることを伝えている。来日についてはどうなっているのだろうか。

2005年6月24日 Friday,
Summer Sonic 2005の公式サイトに以下のような発表がありました。
『本日の朝日新聞朝刊(西日本版)に掲載されました、サマーソニック05大阪の広告内に、「8/14(日)サマーソニック大阪にオーディオスレイヴが出演」の旨、記載されておりますが、現在のところオーディオスレイヴがサマーソニック05大阪に出演する予定はございません。予めご了承ください。』
CDのジャケットに「SUMMER SONIC出演決定」のシールを貼っておきながら、今になってのこのような言いぐさは酷いとしか言いようがありません。

2005年6月23日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは15位でした。(先週10位)
なお、先週初登場1位を記録したColdplayの"X&Y"が引き続き今週も首位を守り、Foo Fightersの"In Your Honor"が2位に初登場しております。

2005年6月17日 Friday,
Audioslaveの"Out Of Exile"の今週の全米アルバムチャートは10位。(先週3位)

2005年6月9日 Thursday,
今週の全米アルバムチャートでは、Audioslaveの"Out Of Exile"が先週の1位から3位にランクを落としております。なお、2位にはSystem Of A Downの"Mezmerize"が再浮上し、Axis of Justiceを代表する2大バンドが世界中のチャートで凌ぎを削っている状態です。
なお、今週初登場が発表された国での"Out Of Exile"のランキングですが、ドイツで6位、オーストリアで8位、スイスで7位と、いずれもTOP10を記録しています。

2005年6月3日 Friday,
media traffic提供による
World United Chart(全世界の累計チャート)で、Audioslaveの"Out Of Exile"が初登場1位を獲得しました。また、本日発表されたカナダのチャートでも1位を記録しております。

2005年6月2日 Thursday,
Audioslaveの"Out Of Exile"が全米初登場1位を記録したことは先程お伝えしましたが、メキシコ,ノルウェー,ニュージーランドでもそれぞれ初登場1位を記録。また、全英で5位、オーストラリアで3位、イタリアで8位、スペインで17位、フランスで31位、オランダで10位にそれぞれランクインするなど、世界中のチャートで圧倒的な強さを見せております。

2005年6月2日 Thursday,
今週の全米アルバム・チャートで、Audioslaveの"Out Of Exile"が見事に1位に初登場しました。アメリカ本国と日本での人気のギャップがますます広がっているといえるでしょう。
元Rage Against the Machineのメンバーにとって、全米アルバム初登場1位は、96年の"Evil Empire", 99年の"Battle of Los Angeles"以来の3度目の獲得となります。

2005年6月1日 Wednesday
オリコンのウィークリー・アルバム・ランキングで、Audioslaveの"Out Of Exile"は初登場12位にチャート・インした模様です。なお、同チャートの1位は、Def Techを抑えてOASISが獲得しています。

2005年5月26日 Thursday
オリコンのデイリー・アルバム・チャート(24日付)で、Audioslaveの"Out Of Exile"が7位にランクされています。また、同サイトでAudioslaveのインタビュー記事が特集で組まれていますので、ぜひアクセスしてみてください。

2005年5月26日 Thursday,
先日インターネットで配信されたKROQ Weenie RoastのAudioslaveのライブ映像が、早速audioslaved.comからダウンロードできます。
また、"Out Of Exile"の発表に伴なって、Audioslave公式サイトがリニューアルされたようです。併せてご確認を。


2005年5月24日 Tuesday,
Audioslaveニューアルバム"Out Of Exile"が、本日CDショップに入荷されておりますので、ぜひ購入に足を運んでください。
なお、超待望のAudioslaveのサマーソニック2005出演が決定しました。まだ公式サイトにタイムテーブル等の詳細は発表されておりませんが、情報を得ましたら追ってこちらでも紹介します。

2005年5月19日 Thursday,
クロスビート7月号に、クリスとティムのインタビューが掲載(P.56)されております。これまでとは異なった作曲方法へのチャレンジについてや、バンド内での信頼関係など、終始リラックスしたムードで語られているのが伝わってくる内容です。

2005年5月18日 Wednesday,
レイジ・ファンお騒がせのダウンロード・サイト"GUERRILLARADIO.net"に、Audioslaveの4月21日ミネアポリスと、5月1日ワシントンDCのライブ音源がMP3形式で上がっております。新曲はおろか、"Sleep Now in the Fire"、"Killing in the Name"、"Outshined"、"Black Hole Sun"等、秀逸なセルフカバーも楽しむことが出来ます。

2005年5月18日 Wednesday,
お馴染みjoe氏から頂いた情報によりますと、KROQ主催のフェスが22日早朝にインターネットを通じて聴けるそうで、Audioslaveをはじめ、Motley Crue、Foo Fighters、Queens of the Stone Age、The Mars Volta等々の豪華なメンツが出演する模様です。KROQのウェブサイトはこちら

2005年5月14日 Saturday
今月6日にキューバにてライブを行なったAudisolaveだが、billboard.comによると、そのキューバでの野外ショウとオフの模様を、将来のDVDリリースに備えてきちんとカメラに収めてあるということです。いつのリリースになるかは記されていないが、その内容に期待が高まるばかり。詳細

2005年5月11日 Wednesday,
hyperlaunch.comに、Audioslaveニュー・アルバム"Out Of Exile"のプロモ用ウェブサイトが立ち上がりました。こちらでは"Be Yourself"に加え、"Your Time Has Come"、"Dosen't Remind Me"、"Out Of Exile"の追加3曲をそれぞれ1分ほど試聴することが出来ます。"Be Yourself"発表時には新機軸を感じさせられましたが、この追加の3曲を聞く限り、"Out Of Exile"としての方向性は1stアルバムの延長上のようにも思われます。
なお、先日Audioslaveの2ndアルバム"Out Of Exile"の日本発売日は5月18日に決定したとお伝えしましたが、ここに来てまだ動きがあったようで、21日説/24日説が浮上しております。いずれにせよ、発売まであと数日ですので、出たら買うという気長な気持ちで待つことにしましょう。

2005年5月6日 Friday
Yahoo!ニュースによると、Audioslaveが本日、キューバで野外コンサートを開催する模様で、同国でコンサートを行う初の米ロックバンドとなるということだ。クリス・コーネルは、ハバナでの5日の記者会見で「音楽は政治を超える。今回の旅行がその証明だ」と語った。詳細

2005年5月3日 Tuesday,
ロッキング・オン6月号(右写真)に、トム・モレロとブラッド・ウィルクのインタビュー記事(P76)が掲載されており、2ndアルバムにおけるAudioslaveとしての音楽性の確立についてや、ザックのソロ曲に対するトムの好意的な感想など、興味深いコメントが記されています。
なお、先日お伝えしたAudioslaveの2ndアルバム"Out Of Exile"の日本発売日の件ですが、5月18日に決定したようです。

2005年4月26日 Tuesday,
Audioslaveのニュー・アルバム"Out Of Exile"の日本発売日を、以前から5月12日とお伝えしておりますが、11日・18日・21日・24日等々、情報が錯綜している模様です。正確な日程が発表されましたらすぐにこちらでお伝えします。ちなみに"Out Of Exile"のジャケットのデザインは公式決定されたようなので、右に画像を添えておきますが、相変わらずアートワークのセンスは難ありと、個人的な感想を付け加えておきます。

2005年4月21日 Thursday
"Be Yourself"のビデオクリップが、遂にAudioslave公式サイトでストりーミング配信開始されました。WMとRMのデータ形式が用意されています。

2005年4月20日 Wednesday
クロスビート6月号に、トレント・レズナー(NIN)のインタビュー記事(P56)が掲載されており、ザック・デ・ラ・ロッチャとのタッグの結成と解消の経緯、そしてザックに対するリスペクトの念などが多いに語られています。

2005年4月17日 Sunday
いよいよ全米ツアーをスタートしたAudioslaveだが、blabbermouth.netによれば、14日ラス・ヴェガスで行われたライブにて、SOUNDGARDENからは "Spoonman"、 "Outshined""Black Hole Sun"を、そして何とRATMからは"Bulls on Parade/Sleep Now in the Fire"のメドレーと"Killing in the Name"を披露したということだ。特に"Killing in the Name"は最高の出来だったと報じている。
今回のツアーのセットリストは、続々とaudioslaved.comのファン・フォーラムにアップされているようなのでこちらもチェック必死だ。

2005年4月12日 Tuesday,
blabbermouth.netによると、新曲"Be Yourself"の歌詞には、クリス・コーネルが過去に犯した悲しい出来事などの失敗を元にした、素朴な人生観が込められているようだ。詳細

2005年4月8日 Friday,
BARKSによると、Audioslaveが最新シングル「Be Yourself」のPV撮影を行った模様で、フロントマンのコーネルは、ビデオのコンセプトは彼の好きなビートルズの「Let It Be」だと語っているようだ。

2005年4月1日 Friday,
ロッキングオン5月号のheadline(P109)で、Audioslaveの2ndアルバムの発売に関する記事が組まれています。

2005年3月31日 Thursday,
先週BillboardのModern Rock Tracks chartsの24位にランクインしていたAudioslaveの新曲"Be Yourself"だが、今週はModern Rock Tracks chartsとMainstream Rock Tracks chartsで見事1位を獲得している。アルバム発売に向け、全米でのプロモーションは着々と進んでいるようだ。

2005年3月23日 Wednesday,
ラジオ・オンエアが開始されたばかりのAudioslaveの新曲"Be Yourself"が、早速BillboardのModern Rock Tracks chartsの24位にランクインしている模様だ。なお、Audioslaveの公式サイトからも同曲のダウンロードが開始されたので、ぜひアクセスを。
なお、アルバムタイトルは"Out of Exile"と発表されたようだ。

2005年3月22日 Tuesday,
Audioslaveの新曲"Be Yourself"のラジオ・オンエアが日本でも開始されている。 シャウトとリフが中心のハード・ロックというテイストは薄く、どちらかというとU2やREMといったメロディアスなロックを思わせる曲調で賛否が分かれそうだが、この1曲のみでアルバムを判断するのもまだ早そうだ。

2005年3月20日 Sunday,
サマーソニック05のサイトをチェックしている方ならもう御存知かと思いますが、「****O**A**」という表記のバンドは「AUDIOSLAVE」ではなく「YELLOWCARD」でした。本当に申し訳ありません。早とちりをしてしまった事、深くお詫び申し上げます。

2005年3月12日 Saturday,
blabbermouth.netによれば、AUDIOSLAVEの2ndアルバムの全米での発売は5月17日になるとのこと。まもなくラジオで流される1stシングルは"Be yourself"と題されており、プロモーションビデオも4月中には届くようだ。当アルバムは12曲収録の見込みで、以下6曲のタイトルは収録が決定している。"Be Yourself", "Doesn't Remind Me", "Out of Exile", "The Curse", "#1 Zero", "Your Time Has Come"。

2005年3月3日 Thursday,
タワーレコードamazonのウェブサイトでは、既にAudioslaveの2ndアルバムの予約を受け付けているようだ。発売日は日本先行で5月11日とされているが、アルバムタイトルの方は"未定"表記となっている。

2005年3月2日 Wednesday,
ロッキング・オン4月号の「2005年ロック大予測!!」という特集の先頭に、「今年こそ動くか、ザック・デ・ラ・ロッチャ」という300字程度の記事がありますのでチェックしてみてください。

2005年2月20日 Sunday,
Billboard.comによると、元SoundgardenのBen ShepherdとMatt Cameronらによるプロジェクト・Haterが、4月に12年ぶりとなる2ndアルバムを発表する予定と報じられている。Benによれば、同アルバムのソースは、"Superunknown"と"Down on the Upside"の発表の間に録音されたようだ。詳細

2005年2月16日 Wednesday,
昨年の7月あたりに、Brad WilkがToolのMaynard James Keenanとともに「Sleeping Dogs Lie」というミステリー映画に出演したというニュースがありましたが、どうやら既にDVD化が決定しており、2月28日から発売のようです。詳細は映画公式サイトをご確認ください。

2005年2月5日 Saturday,
本日放映された「タモリ倶楽部(テレビ朝日系列)」にて、「No Shelter」の歌詞"There be no shelter here"の部分が、"エビの腐った日"と空耳されておりました。

2005年1月22日 Saturday,
現在発売されているクロスビート3月号で、数点Audioslave / Zack De La Rochaに関する記述がありますので、以下に列挙しておきます。
●2005年期待のニュー・アルバム特集に、Zack De La Rocha(P.56)とAudioslave(P.60)の各々300字程度の記事 ●「ミュージシャンが占う2005年の音楽予想図!!」なる特集で、Tom MorelloがS.O.A.D.の新譜を挙げている(P.63) ●2004読者投票の"Best Male Vocalist"の8位にZack De La Rocha(P.74) ●Tom Morelloが、2004年のベストアルバムにThe MusicやProdigyらの作品を挙げた180字程度の記事(P.79)

2005年1月13日 Thursday,
2005年初旬に出るとアナウンスされていたAUDIOSLAVEの2ndアルバムだが、どうやら今年6月の発売(Epic Records)予定を見込んでいるようだ。相変わらずTom Morelloは、会心の出来と報じている。詳細

2005年1月4日 Tuesday,
新年おめでとうございます。本年もAudioslave、そしてZack De La Rochaに関する情報をお届けして行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
さて、ロッキングオン2月号(右写真)付録の2005年カレンダーの5月に、Zack De La Rochaの写真が使われております(情報元:joe氏)。見たところおそらくRATM解散後の写真だと思われますので、ぜひチェックしてみてください。

2004年12月25日 Saturday,
現在発売されているクロスビート2月号で、AXIS OF JUSTICEを代表して、トム・モレロがインタビューに応じている(写真含4ページ)。「正義の枢軸 コンサート・シリーズ VOL.1」におけるメイナード・ジェイムズ・キーナン/レッチリのフリーらとの共演の体験談や、来年前半に発表予定のAudioslaveの新作について等々、大いに語り尽くしている。

2004年12月22日 Wednesday,
輸入盤では既に発売されているCD/DVDの2枚組「AXIS OF JUSTICE」の国内盤が、「正義の枢軸 コンサート・シリーズ VOL.1」と題されて本日発売されます。輸入盤を買われなかった方はぜひCDショップに足を運んでください。

2004年11月21日 Sunday,
VH1.comで、"hottest hotties"という、いわば「業界問わず今熱い人」をランク付けしたコンテンツが設けられてあり、クリス・コーネルはその53位に格付けされております。1位がビヨンセ、37位にはベッカムなど、極めてシュールなランキングでの健闘は評価したいところ。

2004年11月10日 Wednesday,
Audioslaveメーリングリストにも.『Axis Of Justice Concert Series Volume 1』に関するメールが配信されましたので、ジャケットを掲載しておきます。レイジのアートワークでも見たことある気がするのですが。

2004年11月6日 Saturday,
11月16日にUSリリース予定の“Axis of Justice”コンサートの模様を収録しているV.A.『Axis Of Justice Concert Series Volume 1』 だが、日本盤化することが決定した。12月22日に発売予定となっている。なお、US盤同様にCD&DVDの二枚組となっているのか、詳細はまだ不明。

2004年10月28日 Thursday,
SONIC MANIA出演アーティスト第1弾が発表され、ベック、マリリン・マンソン、ザ・マーズ・ヴォルタ、コットン・マウス・キングス、スパルタといったアーティストの参加が決定している。

2004年10月24日 Sunday,
トム・クルーズ最新主演映画「コラテラル」のCMで、Audioslaveの"Shadow on the sun"が使用されていますが、同曲が収録されたサントラCDは既に発売中です。

2004年10月21日 Thursday,
以前お伝えした“Axis of Justice”企画CDの追加情報だが、CDのトラック・リストに続き、DVDも収録内容が明らかになったようで、cdjournal.comからチェックできる。見れば分かると思うが、これは確実にAudioslaveファンは買いである。Audioslave、S.O.A.D.、Toolのメンバーらが混入した強烈な合作となっている。

2004年10月17日 Sunday,
ROADRUNNERのニュースアーカイヴによると、クリス・コーネルと妻のヴィッキーとの間に、娘が誕生したようだ。Toniと名づけられたとのこと。

2004年10月5日 Tuesday,
Zack de la Rocha新曲"We Want it All"が収録されている"触発「華氏911」"が、本日CDショップに入荷されております。店頭に並んでいない場合には店員に声をかけてみてください。

2004年10月2日 Saturday,
クロスビート誌に続いて、ロッキングオンとSNOOZER両誌のヘッドラインにもZack de la Rocha新曲発表の記事が掲載されております。しかも両誌の記述とも、それぞれ編集長の山崎氏/田中氏のによる記述というのがありがたいところです。

2004年9月26日 Sunday,
以前に、Zack de la Rocha新曲"We Want it All"が収録されている「華氏911」テーマアルバムが、10月5日発売予定とお伝えしたが、10月6日に発売されるようた。

2004年9月20日 Monday,
クロスビート11月号の"OPENING SHOT"及び"COLUMN & NEWS"先頭で、ザックが新曲"We Want it All"を「華氏911」テーマアルバムに提供する旨が速報されています。マイケル・ムーア監督は、"We Want it All"をアルバムのリードトラックにする意志を固めているとのこと。

2004年9月12日 Sunday,
zdlr.netによると、マイケル・ムーアのコンピレーションCD(10/5発売予定)に収録されるザックの新曲は"We Want it All"と題されており、プロデュースは何と決別が噂されていたトレント・レズナーのようだ。この動向はしばらく目が離せない。

2004年9月12日 Sunday,
マイケル・ムーアが自身の大ヒット映画「華氏911」のテーマアルバムの発売を
10月5日予定で進めているという記事がNew York Times誌に掲載されており、何とその記事の筆頭には、トム・モレロの新曲、そして何とザック・デ・ラ・ロッチャの新曲が含まれるという驚くべき内容が記されているらしいのだ。この2人の新曲が1枚に収録されるという時点で、レイジ・ファンは購入必須といったところだろう。ひょっとすればレイジ再結成のキー・マンになるのはこのマイケル・ムーアだったりして。そのNew York Times誌の記事はこちらから。

2004年9月12日 Sunday,
nightwatchmanmusic.comによると、トム・モレロが9/16にハリウッドのGigという会場でライブを行うようだ。
また、9/21からトムがAnti-Fragらと全米を回るROCK AGAINST BUSH tourの日程も、同サイトで発表されている。

2004年9月4日 Saturday,
Tom Morello主導のAxis of Justiceが、今年7月にロサンゼルスで行われたイベントを収録したDVDを、11月2日にリリースするようだ。Tomのパフォーマンスが収録されるとは発表されていないが、Flea/ToolのMaynard/Coup/U2などのパフォーマンスや、Michael Mooreのインタビューが収録される予定。

2004年8月24日 Tuesday,
Audioslaveメーリングリストによると、Tom Morello(Nightwatchman)が、8月31日にNYの"KNITTING FACTORY"で行われる、Axis of Justice主催のライブに参加する模様だ。他の参加アーティストはThe Naked Trucker, Spearhead等と記されている。

2004年8月23日 Monday,
wrightsite.co.ukによると、Saul Williamsというアーティストのニューアルバムに、ザックが1曲のみ参加する予定とのこと。なお当アルバムのイントロ曲はSerj Tankianがプロデュースを担当するなど、豪華なゲスト陣にも注目したいところだ。Saul Williams公式サイトでも、ザックに関するスレッドが立っていたので、ぜひチェックを。

2004年8月23日 Monday,
wrightsite.co.ukによると、Saul Williamsというアーティストのニューアルバムに、ザックが1曲のみ参加する予定とのこと。なお当アルバムのイントロ曲はSerj Tankianがプロデュースを担当するなど、豪華なゲスト陣にも注目したいところだ。Saul Williams公式サイトでも、ザックに関するスレッドが立っていたので、ぜひチェックを。

2004年8月22日 Sunday,
大統領選を控え、アンチ・ブッシュの風潮が盛り上がるアメリカですが、それをさらに助長する「ROCK AGAINST THE BUSH」と題された全米ツアーに、やはりThe Nightwatchman (Tom Morello)が参戦します。他にはAnti-FlagやMidtownらが参加予定。詳細はこちら

2004年8月14日 Saturday,
8月15日から22日まで、夏休みを頂きますので、その間のサイトの更新はありません。どうかご了承ください。但し、掲示板投票への書き込みはその間もオープンですので、ぜひそちらの方をお楽しみください。


2004年8月13日 Friday,
本日13日に、FM802(関西系)で19時からオンエアされる「Sony REAL MUSIQ」というラジオ番組にて、レイジ特集が組まれている模様。ライブ音源も有りのようなので、関西圏在住の方は要チェックです。

2004年8月12日 Thursday,
今月7日にカリフォルニアで行われた、Tia ChuchaというグループのCD Release Partyに、ザックが顔を出したとzdlr.netは伝えている。また、彼らと一緒にメキシカン・フォークソングを披露したとのことだ。ちなみに、ソロアルバムは2005年の後半に出すと述べたそうだが…。

2004年8月4日 Wednesday,
全米で今夏話題のトム・クルーズ主演映画「コラテラル」のサントラに、Audioslaveが "SHADOW ON THE SUN" を提供するということです。RISAさん、ネタを拝借して申し訳ありません。

2004年8月1日 Sunday,
現在レコーディング中で、既に22曲を書き終えているAudioslaveの2ndアルバムは、トム・モレロによると、1stのような「Soundgarden + Rage」という音楽性ではなく、ライブでの経験を踏襲した、より自然な「Audioslave」としての音楽になるという。長い付き合いになるプロデューサーのリック・ルービンとの関係も最高のようで、「もはや彼は第5のBeatle」とトムは語っている。

2004年7月25日 Sunday,
ブラッド・ウィルクが、Toolのメイナードとともに「Sleeping Dogs Lie」というミステリー映画に出演を予定しているとのこと。ブラッドは「音楽をやる前から演劇に興味があった」などという芸能人にありがちなコメントを残しております。詳細はこちら

2004年7月16日 Friday,
ザックとの共同作業の断絶が噂されたトレント・レズナーだが、自身のNIN新作の制作は順調のようで、NIN公式サイトでは、デイヴ・グロールがこの作品に参加している旨を発表している。

2004年7月13日 Tuesday,
以前にお伝えした7月17日のAxis of Justice主催コンサートの件ですが、CDJournalに詳細が載りました。どうやらThe Nightwatchmanのプレイに、ブラッドがドラムで参加という形式のようです。


2004年06月24日 Thursday,
以前までzdlr.netの"Video of the Moment"で、「Darkness of Greed」のインストア・ライブ映像を公開していたですが、どうやら今は1997年の「Fistful of Steel」のライブ映像に差し替わっているようです。これまでに"Video of the Moment"で掲載したデータは、zdlr.netのゲストに登録することでダウンロード可能です。

2004年6月23日 Wednesday,
昨年はAudioslaveやIncubusの出演もあり、何とか成功に終わったロラパルーザだが、今年はチケットの予約が不振なことを理由に、31公演を全てが中止になっという。ミリオンセラーアーティストを揃えた昨年と異なり、モリッシー、PJハーヴェイ、ソニック・ユースといったアーティストで大規模ツアーをやるという今年の企画自体に、始めから無理があったと言える。

2004年6月15日 Tuesday,
公式なのかは分からないのですが、レイジのブート音源を落としまくれるサイトが出現しました。これは凄まじいです。その名もguerrillaradio.net。ぜひアクセスしてみてください。

2004年6月3日 Thursday,
先月お伝えした、6/8にLAで行われるTHE NIGHTWATCHMAN(Tom Morello)のライブの件ですが、どうやら昨年トム自身が新作をプロデュースした、ANTI-FLAGのゲストとして参加することが決定したようです。

2004年6月1日 Tuesday,
5/27に行われたfast4educationと呼ばれる教師達のイベントに、ザックが参加する模様と、先日お知らせしましたが、結局当日にはザックは会場に姿を見せず、代わりに手紙のみが送られてきたようです。

2004年5月30日 Sunday,
本日、トム・モレロが40歳の誕生日を迎えました。

2004年5月25日 Tuesday,
zdlr.netによると、なんと27日にザックがfast4educationと呼ばれる教師達のイベントに、一時ゲストとして参加し、スピーチを披露するとのことです。早くレポートを待ちたいところ。

2004年5月23日 Sunday,
5月30日に誕生日を迎えるトム・モレロを祝おうと、tommorello.netに「Official Happy Birthday Thread」というスレッドが立っております。ぜひトムにメッセージを伝えたい方は書き込んでみては。

2004年5月19日 Wednesday,
nightwatchmanmusic.comによると、トム・モレロが再びナイトウォッチマン名義で、6月8日にロスのROXYでライブを行う模様。Audioslaveの2nd制作中だというのに、本当に精力的なトムおじさんです。

2004年05月14日 Friday,
これまでしばらく音沙汰のなかったAudioslaveのオフィシャル・メーリングリストから、現在制作中の2ndアルバムは、これまでのソニーミュージックに代わってインタースコープ社からリリースされる旨の通知が届きました。

04/05/11 Tuesday,
もう皆さん御存知かもしれませんが、トレント・レズナーがNIN公式サイトにて、イニシャル「Z」との仕事は消滅したと明かしております。この「Z」がZackであることはほぼ確定でしょう。以下記事抜粋
.....last year was a shitty year - i worked on a great record with 1*** will probably never come out worked on some interesting material with z*** that had promise but got derailed for a number of maddening reasons.....
記述のあるページはこちら

04/05/06 Thursday,
現在zdlr.netから、92年に収録された"Darkness of Greed"(Live&Rare"Darkness")のライブ映像がダウンロードできます。短髪ザックの青い容姿に注目。

04/05/06 Thursday,
先日行われたTom Morello(NIGHTWATCHMAN)のメーデー・ライブの音源が、tommorello.netにアップされています。なお、当日のリストは以下。
1. Until the End
2. Union Song
3. Joe Hill
4. Maximum Firepower
5. Branding Iron
6. Let Freedom Ring
7. House Gone Up In Flames
8. A Wall Against the Wind

04/05/03 Monday,
ロッキングオン今月号に、デビュー作を間近に控えたVelvet Revolver(元ガンズの演奏隊+スコット・ウェイランドのドリームバンド)のインタビュー記事があり、ダフとスラッシュは似た境遇にあるAudioslaveの成功に賛辞を示しておりました。また、かつてVelvet Revolver側も、起用したいボーカリストの候補にクリスを考えていたそうですが、その頃には既にレイジ側に取られていたとのこと。

04/05/01 Saturday,
昨日放送された「タモリ倶楽部(テレビ朝日系列)」の空耳アワーにて、「Sleep now in the fire」の"Don't dare take what you need"の1節が、"童貞はチェリー"などと空耳されていました。ザックには土下座ものですが、他にもレイジにまつわる空耳がありましたら、info@key-k.comまでどうぞお気軽にメールください。

04/04/30 Friday,
今週の全米チャートで、「Audioslave」は再び100位圏内から落下。他の気になる変動を挙げておくと、Hoobastank「The Reason」が意外にしつこく5位。ガンズ「Greatest Hits」が8位に落下。Drowning Pool,「Desensitized」が初登場17位。復活Fear Factoryの「Archetype」が初登場30位。という具合になっております。

04/04/29 Thursday,
nightwatchmanmusic.comによれば、Tom Morello(NIGHTWATCHMAN)が、メーデーのイヴとなる明日30日に、L.A.でライブを行うようです。また、今なら同サイトでNightwatchmanの曲"Union Song","House Gone Up In Flames"を聞くことが可能です。

04/04/23 Friday,
嬉しいことに今週の全米チャートで、「Audioslave」がTOP100内の95位に幕内返り咲きです(先週111位)。ちなみに今週の驚くべき動きではHoobastank「The Reason」が先週の18位から突如3位に躍進し、一気にトップバンドの仲間入りを予感させております。また、UKで1位を獲得したガンズのベスト盤が全米でも5位に順位を戻し、昔と変わらぬしつこいチャート動向を見せてくれています。

04/04/22 Thursday,
Zack de la Rocha Networkによると、先頃ソロ作をリリースしたDJ Muggsが、"Mic Check"のRemixを行っており、現在のところ映像で存在しているとのこと。どういう形でリリースがあるかは明記されていない。
まあ、こう情報が錯綜するのはいいのだが、そろそろ1曲でもいいから聞かせてくれと言いたい時期です。

04/04/19 Mon,
先週の全米アルバムチャートですが、「Audioslave」は100位圏内からランクダウンした模様です。しかしまた再び顔を出してくれるのを期待しましょう。

04/04/09 Friday,
今週の全米アルバムチャートで、発売からもう1年半になろうかという「Audioslave」は92位でした。他に、Aerosmithの「Honkin' On Bobo」は初登場5位、Soulflyの「Prophecy」が初登場82位。

04/04/07 Wednesday,
CD Journal.comによると、Audioslave EPのDVDがようやく日本盤化されるとのことで、5月19日に\2,625(税込)での店頭発売が予定されている。メンバーのインタビュー映像も字幕付となるため、今までにまだ購入されていない方は国内盤発売まで待つのをお薦めします。

04/04/06 Tuesday,
tommorello.netによると、どうやらAudioslaveの2ndアルバムもリック・ルービンが勤める模様。リックは、ツアーを経ることでAudioslaveは1stの頃より人間関係やバンドとしての力量が向上し、今の状況でアルバムを制作すれば1st以上の作品を生み出せると語っている。

04/04/02 Friday,
「Audioslave」は今週の全米アルバムチャートで85位でした。今週で気になるところでは、何とガンズのベスト盤がこの時代に初登場3位。このロック不況の中に再びロック・バブルの波を吹き込めるのはやはりガンズなのでしょうか。カナダ・UKで2位、ドイツで4位、スペインで14位、日本でも11位と世界各国で大旋風を巻き起こしています。
さてさて、他にはCypress Hillの新作が全米初登場21位、The Vinesの新作が23位となっています。

04/03/26 Friday,
今週の全米アルバムチャートで、「Audioslave」は75位(先週78位)でした。今週で発売から70週目になります。

04/03/24 Wednesday,
リック・ルービンが、Audioslaveやレッチリなどの平和をテーマとした曲を集めたコンピレーション・アルバムを制作しているとのこと。リックは、「グラミー賞の授賞式に出席したりライヴを披露したアーティスト達は皆、イラク戦争についてコメントをすれば、2度とグラミーに呼ばれなくなるのではと恐れていたんだ。これには本当にイラついたね。」とMTVに語っており、アーティストが権利や信念を守ることのできる場を作ろうと思ったのが制作の理由だという。収録曲およびリリース日についてはまもなく発表される予定。

04/03/22 Monday,
サマーソニック・フェスの公式サイトで、今年の出演者をイニシャルで発表しております。Audioslaveに該当するようなイニシャルはありませんが、ぜひチェックしてみてください。

04/03/19 Friday
今週の全米アルバムチャートで、「Audioslave」は先週と変わらず78位で踏みとどまっております。

04/03/15 Monday,
3月31日に、Axis of Justiceがロサンゼルスでコンサートを行うようで、System of a Downのサージと共に、我らが変態・ナイトウォッチマン(トム・モレロ)がまたもや出動する模様。

04/03/15 Monday,
MTV.comのトムの発言によると、新作用に既に20〜25曲ほどの新曲を書き終えているとのこと。AC/DCからU2っぽい曲まで揃えてるとトムは誇らしげに語っているが、Set it offとLike a stoneが一枚に収まっている1stを聴いているから、別に驚くべき発言でもないんだが。

04/03/14 Sunday,
アルバム「Audioslave」の今週の全米チャートは78位でした。すでに発売から68週目になります。

04/03/09 Tuesday,
先日お伝えしたTACO BELL社へのトム・モレロのデモ・ライブですが、早速tommorello.net音源が上がってます。
個人的に感想は微妙ですが、興味ある方はアクセス

04/03/06 Saturday,
今週の全米アルバムチャートで、「Audioslave」は76位(先週70位)でした。

04/03/02 Tuesday,
ローリングストーン誌によると、AudioslaveがSLY AND THE FAMILY STONEのトリビュート盤に参加することに決定したようです。他の参加者はBECK/レニクラ/MOBY等で、プロデュースは何と80年代のヒットメイカー、元シックのナイル・ロジャースが担当するとのことです。

04/03/01 Monday,
以前スーパーマーケットに対するストライキ支援のライブを行ったトムとブラッドだが、今度は今月初旬、TACO BELL社へのデモ・ライブに、またも我らがナイトウォッチマン(トム)が登場するとのこと。数箇所でライブを行い、最終日は本社の前にステージを設けてライブを行う予定。

04/02/27 Friday,
「Audioslave」は今週の全米アルバムチャートで70位にひとつ順位を上げております。また、Darknessが36位/Lostprophetsが41位に浮上と、大きなブリティッシュ・インヴェイジョンの前触れを感じます。

04/02/20 Friday,
今週の全米アルバムチャートで、「Audioslave」はまだ71位に健在です。他にはパンテラ解散後の別プロジェクト「Damageplan」が38位に、そしてデイヴ・グロールの別プロジェクト「Probot」が意外に低く68位に初登場。また、注目された元HOLEのコートニーのソロ作ですが、初登場53位と日本の知名度から考えると意外な結果でした。

04/02/19 Thursday,
今月号クロスビート誌の2003年読者投票の、ベストプレイヤー4位にトム・モレロが、そしてベストDVDの4位にLive at the Grand Olympic Auditoriumがそれぞれ挙がっておりました。
また、KORNジョナサンが同誌のインタビューで、レイジを最も影響受けたバンドに挙げてくれていたのが非常に嬉しかったです。両バンドで一時代を築いたわけですしね。

04/02/17 Tuesday,
片面がCD、そしてもう片面がDVDという両面ディスク(DualDisk)を使用してのアルバム発売を、ソニーミュージックが考案しており、AudioslaveをはじめAC/DC, David Bowie, Good Charlotteが第一弾の候補に上がっています。おそらくAudioslaveは1stアルバムが依然売れてますから、PVとLetterman ShowのDVDをフィックスしたものが発売されると予想されます。

04/02/16 Monday,
ザック デ ラ ロッチャのソロアルバムが5月に発売延期という情報を以前お伝えしましたが、今のところ5月12日発売という予定になっているようです。まあ、おそらくまた延びることでしょう。

04/02/13 Friday,
グラミーを逃がしたAudioslaveですが、相変わらず健在で、今週の全米アルバムチャートでは60位です。またIncubusの新作が初登場2位に登場。大きなバンドになったもんですな。

04/02/09 Monday,
Audioslaveがノミネートされていたグラミー賞の2部門"Best Hard Rock Performance"と"Best Rock Album"ですが、 それぞれEvanescenceとFoo Fightersに奪われ、残念ながら今年の受賞はなりませんでした。

04/02/06 Friday,
「Audioslave」、今週の全米アルバムチャートでの順位は64位でした。今週で発売から63週目です。

04/02/05 Thursday,
Zack De La Rochaの待望のデビューアルバムなのですが、またまた発売延期の5月発売予定とのことです。こうなると今年中に出ることを期待するのみですね。

04/02/01 Sunday,
今月号「ロッキングオン」の"2004年ロック大予想"なる特集で、ザック・デ・ラ・ロッチャが巻頭で扱われております。しかしUS本国セールスでLive at the Grand Olympic Auditoriumが大コケした現実を見る限り、「全世界待望」のソロデビューと書かれているのには大げさな印象を受けました。ただ、当誌によると、このソロアルバムには新たにサイプレスヒルのDJマグスだけでなく、何とビースティボーイズまでもがレコーディングに参加しているとのこと。これは信じて良いのか。

> 更に過去の記事へ

> Lollapalooza, 05/07/2003 (MTV Japan)
> ZEPP Tokyo, 30/01/2003

Rage & Audioslave informations | Other artists informations | Update informations
TOP | What's New | Biography | Discography | Download | Others | Contact Me | BBS | Links